お彼岸の日に

  • 2018.09.23 Sunday
  • 23:22
こんばんは^_^

秋分の日の今日
いかがお過ごしでしたか?

お墓まいりにいかれた方も
多かったのではないでしょうか?

何か行事がある時に
家族、親戚が集まれる

私は実家が岡山
主人は東京

お墓まいりも簡単に
行けません

親戚が集まる事も
何かよっぽどの事がないと
実現しない

遠くの親戚より
近くの友人
という言葉を聞いたことが
ありますが

すぐには駆けつけられない
頼りになるのは
友人
知り合い

皆さんは
何かあった時に頼める人が
近くにおられますか?

私もお蔭様で
甘える方がいてくださる

たぶん

たぶん受け止めてくださると
思っていますが(*≧∀≦*)

今日はおはぎを作ったので
その方にもおすそ分け
と思っていましたが
もち米が長く蒸しても
硬いのです

水には一日以上漬けていました

たぶん
お米が古かったのだと思います

おこわを作った時の
残っていたもち米

せっかく作ったのに
がっかり

もったいない!

残っていたお米を使ったばかりに(≧∀≦)

よく噛んで食べれば
味はそこそこ美味しく頂きましたが
さすがに
おすそ分けとはいかず(・・;)

娘と一緒に頂きました




今度は新米で作ろうと
思います

ご先祖様や
亡くなった人たちへ
思いを馳せながら
出かけると
色づいた稲の横に
たくさんの彼岸花

あんなに暑い夏だった
災害も多かった
でも
ちゃんとお彼岸には
咲くんだな〜と
里の秋を楽しみながらの
ドライブでした

お彼岸の日
あらためて
みんなの健康を願い
ご先祖様に見守って頂くよう
祈りました

新しく生まれた命の未来も
幸せでありますようにと

一週間の念仏別時7

  • 2018.09.21 Friday
  • 23:50

こんばんは^_^

今日はふと
何の日かな
と調べてみると

国際平和デー
世界停戦日だそうです

2002年から
この日は
「世界の停戦と非暴力の日」
として実施され
この日一日は
敵対行為を停止するよう
全ての国
全ての人々に呼び掛けている

そんな日だったようです

皆さんは
平和な一日だったでしょうか?

そうなんだ
そんな日だったんだと
思ってある場面を思い出しました

私は今日
クリーニングを出しに行った時
外で怒鳴る声が聞こえ
外を見ると
車から降りて
車に乗ってる人に対して
えらい剣幕で
怒鳴っていて

怒っているのは分かるけど
何を言ってるかは
分かりませんでした

事情は分からない
行って止めに行くことも
考えられない

そんな時
思わずお念仏を唱える癖が
できてるんだと
思いました

「ご回向」
ごえこう
皆さんご存知ですか?

私はお念仏とのご縁を
頂くまで
知らなかったのですが^^;

回向とは
「回り差し向ける」という意味で
僧侶や自分が修得した善根の功徳を
他に回し向けることを言います
とあります

私が習得した善根の功徳など
ありませんが

いつのまにか
自分ではどうしようもない事は
宇宙に
如来様に
お任せするようになっています

私が「ご回向」をする時は
そんな気持ちの時です

これが
本来の「ご回向」とは
違っているのかもしれませんが
私は「ご回向」という事を知り
とても良かったと思っています

自分で抱える事が
なくなりました

以前の私は
私がなんとかしなくては

がむしゃらに頑張っていました

相手の都合もあまり考えることなく
自分が良いと思うことを

それが悪いとは思いませんが

そんな風に頑張ると
自ずと結果を求めます

自分なりにやったとしても
なかなかそんなに
自分が思うようにはいかない

何をどうして良いか分からず
悶々とするときもしばしば

そんな私でしたが
「ご回向」をすること
できる事を知り
実践するようになると

なんと
気持ちがとっても楽

自分なりに考えて
自分にはどうしようもない事

そんな事に遭遇した時は
宇宙に如来様に
お任せします

どうぞ
一刻も早く
あの人の怒りがおさまりますように

どうぞ
この子の病気が
一刻も早く良くなりますように

そうそう
今朝は
知人のお医者さんが
今から手術です
終わる時間が分かりませんが
終わり次第連絡します

メールの中に書かれていたのをみて
全て上手くいき
手術が早く終わりますように
とご回向していました

何より自分の気持ちが
落ち着きます

全てを宇宙や如来様に
丸投げするといった気持ちではなく
どうぞ
調和の中で
スムーズに事が運ぶ事を
祈るのです

自分で最善を尽くして
祈る

上手く事が運べは
良かった!

思ったようにならなければ
今ではないのだ
やる事ではなかったのだ

受け止め
次にできることに
意識を向ける

そんな思考になっています

自分の為はもちろん
家族の為
その時に必要な方の為

自然災害に対して
被災者の方々の為

そうすることで
出来ない事で
悩まされず
出来る事をやっていく思考に
なっています

人が怒るとき
それは
きっと自分の思うように
いかない時だと思います

自分が思うように
という意識から
宇宙が思うように
という意識になるので

怒る事がなくなります

平和の心で過ごせます

どうぞ
皆さんも「ご回向」の
気持ちを
そして行為を習慣に
されませんか

自分一人で抱え込む事がなくなり
不安が軽減されますので
安心の中で
自分らしさを表現して
いけると思います

まずは
日々の暮らしの中で
目に見えない存在と
生活する事です

とても
あやしいと思われるかもしれませんが
私が言っている
目に見えない存在とは
全ての命を生かしている
エネルギーです

そこと繋がり
信頼関係を築き
お任せしていく

命を生かすエネルギーですから
どんだけ〜〜〜
と言うほど
「全て」そのものです

そんなエネルギーが
地球上には絶えず
平等に降り注いでいます

素直に
おおらかに
このエネルギーとともに
日暮しをする

究極の安定感だと思います

心に平和を

誰とも戦わない

出来ない事を
お任せする

出来る事を実践

お念仏は私にとって
そんな意識を深めてくれる
気がしています

切れ切れですが
唐沢山での
お念仏の一週間を
お伝えさせて頂きました

もし
お念仏体験をしてみたい方
ご連絡くださいませ

特定の宗教団体の枠を超えた
フリーでの
お念仏を一緒に体験しましょう

やり方が分かれば
あとは
自分で
いつでも
どこでも
自由に続ける事で
何かが確実に変わってきます

そんな変化も楽しみとなっています

当たり前の日常を
慈しむ

仲良く助け合い
過ごしていけたらと
思います


私事ですが
今日は日中は家族と
そして
夜は
楽しい仲間と
平和な時を過ごす事が出来ました



素敵なご縁に感謝
ありがとうございます(o^^o)
おやすみなさい☆

私おばあちゃんに

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 07:03


おはようございます^_^

今朝の空は
いつにも増して
優しく感じるのは
おばあちゃんになったから?!

昨日息子に娘が
誕生しました

予定より早い出産で
母娘とも元気の吉報に
喜びが溢れ
早く会いたい
抱っこしたい

思うものなんですね

でも
遠いんだな〜(*≧∀≦*)

今は新米ママの
両親が側でお世話を
してくれてる様で
何から何まで
大安心です

息子も恵まれています


しかし
昨日の朝は
樹木希林さんの訃報に
寂しさでいっぱいだった

夜息子からの連絡で
一気に喜びに包まれ

何一つ
留まっているものは
ありませんね
空の雲のように

初孫に会える日を楽しみに
今日も
今日の流れを
愉しみます

皆さんも
連休開けの
いつもの日常だけど
昨日とは違うはず

好い一日をお過ごしください(o^^o)

今朝
おはよう!
と送られてきた



メロメロの
息子の顔が
思い浮かぶ^ - ^

気持ちを切り替えて

  • 2018.09.17 Monday
  • 10:08


寂しいな〜

憧れの人が
亡くなられた

昨日
樹木希林さんの訃報が

ご病気だったのは
承知のうえ

でも
亡くなられる時のことは
思ってなかった
私は
思ってなかった

寂しい
すごく寂しいと思った

彼女のように
生きられればと
思ってた方だから

でも
一日たって
彼女らしいさを
益々思い

あるがままを受け入れる

受け入れよう

マヤ暦でも
ちょうど音1の今日

気持ちを切り替えて

家族旅行も
満喫させてもらった

一つ一つ終わっていく

安室ちゃんも
ラストステージが終わった

樹木希林さん
家族旅行
安室ちゃん

終わる

感謝の気持ちとともに





そして
始まる

始めよう

気持ちを切り替えて





どんな思いで
始めましょうか

今日は思いを宇宙に
刻印しませんか?

マイマップにも
書き出されてみてください

今日
2018年9月16日の
日付とともに


一昨日と今日
シンクロ通信で
「天災は忘れたころに
やってくる」という
メッセージがあり
忘れないように
とのことですが
その言葉を受けて
「天恵を常に
忘れずに」
という言葉を
送ってくださった方がいて

なんだか
ほっこり気持ちが
落ち着きました

出来事をどのように
捉えて
どのように消化し
どのように行動に移すか
または
移さないか

人それぞれ

安室ちゃんの歌に
DO IT FOR LOVE!
というのがありました

I LOVE YOU AND
FOREVER
って
桑田佳祐さんの
コンサートテーマが
ありました

白い風は
メッセージ
伝える

あなたのLOVEは
伝わっていますか

昨日までのたくさんの
LOVEに感謝を伝え
そして
今日から
又たくさんのLOVEの中で
暮らしていきたいな



一週間の念仏別時6

  • 2018.09.15 Saturday
  • 12:13


おはようございます
蒸し蒸し気温も高め
28度の福岡です





晴れたり曇ったりのお天気の中
今日から家族で
島原へ二泊三日で
行ってきます

さてさて
長野の唐沢山にある
阿弥陀寺での一週間の
念仏別時

途切れ途切れでは
ありますが
自分の記憶と感覚を
たどりながら
お伝えさせて頂いてます

今回お別時に行く前に
知り合いの方から
こんな本を頂いていて
念仏別時に
お供してもらったのですが




「人生の帰趣」

これは
私がお念仏とのご縁を頂き
初めて知った
山崎弁栄上人という

浄土宗の近代化に
止まらず
釈尊の教えに溯源し
キリスト教
西洋哲学をも
追究した
仏教思想家といわれる方が
説かれた光明生活とは
いかなるものかを

弟子であった
田中木叉上人という方が
編纂したものです

以前からハードカバーで
出版されていましたが
今年の4月
岩波文庫から単行本として
出版され
持ち歩くのに
良いサイズになりました


私は仏陀の教えを知り
感銘を受け
自然の摂理に寄り添いながら
生きて行きたいと思うようになり
それまで求めていた
指導をして下さる方を
求めるのをやめました

そんな時
この山崎上人の存在を知り
人から本から教えを知り
お念仏をするように
なったのですが

この
「人生の帰趣」は
何度も読み返して
実践していくことを
教えてくれるものですが

100年前に亡くなられた方であり
仏教の言葉の深さなどから
とても理解するのが難しく
私にとっては
睡眠薬的な本で
(..)

この度の単行本には
批評家であられる
若松英輔氏による
解説があり
その解説
ー愛と霊性の仏教哲学ー
を読むことで
とても分かりやすくなっています

私が〜ことは〜を始めたのも
この「霊性」という事を
皆さんと分かち合いたくて
始めました

「霊性」は
人格を確立し
その人らしく花開き
存分に命を生かし
過ごす為には
この霊性開発をなくしては
望めないのだと理解し

ご縁ある方々に
誤解され無いように
怪しまれないように
(^^;;
そんな思いで
〜ことは〜をしてきました

そして
出会った山崎弁栄上人が
説いてくださった教えも
まさしく
その「霊性」開発為の
教えなのです

解説者の
若松英輔氏も
「霊性」の大切さを
語っていらっしゃるようで
こんな本を出版されています




この中にやはり
山崎弁栄上人を
とりあげてられます


今回の唐沢山での
念仏別時には
この2冊を読まれた方々も
参加されていました

世界保健機関(WHO)でも
「健康とは、
肉体的、精神的、霊的、
そして
社会的に完全に良好な状態であり、
単に疾病や虚弱さがない
というだけではない」
とされています

私はこの言葉をかり
〜ことは〜を始めた覚えがあります

ほら
世界保健機関でも
健康の為には大切にしている
「霊性」ですよ
と(*≧∀≦*)

興味本位の
スピリチュアルではなく
命を輝かせてくれる
スピリチュアルです

守護霊や
背後霊
とかというようなものではなく

私たちを
慈愛に包んでくれるもの
そして
私たちを
そのように
育ててくれるもの

無条件の愛そのものです

そして
今回の念仏別時で
嬉しかったことは
この「人生の帰趣」の
出版にともない
解題をされた
大南龍昇上人が
お別時に参加されていて
お別時の最後の日に
何かメッセージを
頂けませんか?

図々しく(≧∀≦)
お願いしました

そして
書いてくださった言葉が




出た!!
と思いました(^^;;

「忍終不悔」
(忍んで終に悔いざらん)

自我を押さえれば
大抵のことは
凌んで行けます

あるお経の中にある
言葉だそうです
そのお経の名前を
メモしておこうと思いつつ
忘れてしまいました(..)

お念仏をする時の
声の出し方も
一週間もたす為には
コントロールして

欲望のままに出しては
いけませんよ
と言われたばかりでしたので

笑笑
苦笑

有難い

やはり
人生を堪能する為には
何においても
心しておく事かもしれないと
心に刻んでいます


ちょうど
明後日から
マヤ暦では
新しい紋章「白い風」の
13日間が始まります

キーワードが
霊、伝える
繊細な感性・感情
霊的な、スピリチュアルな
エネルギーが強まる期間
(心の世界に戻ろうという
意識が強く働く期間です)

「霊性、精神的、道徳的な
品性を高めていきましょう」
とあります

一人でも多くの方が
命輝かせ
光明の生活をされますように

まずは
自分から
そして
大切な方のために
祈る
回向をする

次回は「ご回向」について
分かち合わせてください



それぞれの場所でそれぞれの

  • 2018.09.14 Friday
  • 18:26
お疲れ様です

今日も無事に終わろうと
しています

昨日星空のブログを
見て下さった方から
こんなメールを
頂きました^_^


先週末
波照間〜石垣島に
いってきました

セブンカラーズという
海と山に囲まれた
聖地のような
ホテルがありまして
屋上のデッキチェアで
波の音を聴きながら
風にふかれ
寝ころがって
星を眺めました。
極楽でした。。。
満天の星&肉眼で天の川
そして
尾をひく流れ星〜☆
3月より
星の密度が濃かったですよ!

いかがですか?
情景が
目の前に広がるようです

美味しいものを頂いたような
よだれ?笑
が出るような
そんな感覚になりました
(*≧∀≦*)

又一つ
行きたい所が増えました
(o^^o)





セブンカラーズと
いう言葉に魅かれますね〜

タイムリーで
美しい情報に感謝です

それぞれに
それぞれの時間が
流れている

私達は
相手のことを
いろいろ思います

あ〜だ
こ〜だ

あ〜言った
こ〜言った


どうしてあ〜なんだろう
なんでこ〜しないんだろう



あなたの為に
それは良くない的な

では
自分は
どうしたいのか
どうありたいのか
どう言いたいのか

そんな思いで
自分との対話をしていますか?
相手のことが気になるのも
分かりますが
自分がどうありたいかを
しっかり持ったうえで
対応するのであれば
自分軸の道が
できてくると思いますが

自分のことは
置いといて
相手のことを考えても
それは
誰の道?
になるのではないでしょうか

自分の人生は
自分で築いていくもの

まず
自分はどんな人生を歩みたいのか
どんな家庭を作りたいのか

どんな人間関係の中で
過ごしたいのか

もっともっと
自分中心に考えてみても
良いのではないのかな

それは
わがままとは違う
と思うのですが

自分の時間を大切に
自分の人生を大切に
それは
自分の命を大切に

そんな人は
自然の命も
相手の命も大切に

そんな風に
意識は流れていくと
思うのですが

あなたのことは
あなたしか対処して
あげられない

置かれた立場で
それぞれの時を
大切に

好い週末を
お過ごしください^_^

星空

  • 2018.09.13 Thursday
  • 06:16
こんばんは^_^

今日も一日お疲れ様でした

無事にお家でしょうか?

今朝
先日見つけた
星空保護区が忘れられず
調べていたら
国内の星空保護区が!

その最初に紹介されていたのが
こちら




岡山県 美星町

沖縄県石垣島や
長野県南牧村とともに
2011年にテレビ番組の企画で
天文学者が選ぶ
「日本三選星名所」に
選ばれて以来
星空観察の聖地とされる
岡山県井原市美星町

ここでは美しい夜空を
守るための条例を制定
屋外照明は22時以降に
消灯するなど町ぐるみで
光源を減らす取り組みを行う

その星空の美しさは
お墨付きで1987年に
環境庁により
全国スターウォッチングコンテストで
「星空の街」にも選ばれた
町内には天文台を有する
星空公園があり
定期的に観望会を開催する

だそうです^_^

知らなかったな〜
岡山出身者としては
是非行きたい

行くぞ!
くらいの気持ちです(*≧∀≦*)

そして次は



長野県
涸沢カール(からさわカール)
北アルプスの3000メートル級もの
山々が連なる穂高連峰に
位置する涸沢カール(からさわカール)は
長野県松本市安曇にある
日本有数の氷河圏谷で
日本有数の
紅葉スポットとしても
知られる

暗闇の中で輝く星は
まるで宝石箱のようで
都市と違い周囲に
光源が全くないため
真っ暗闇の中で星は
一層輝きを増し
見たこともないような
煌めく星空を仰ぎ見ることが出来る
星空観察を目当てに
テントを張るキャンパーも多い

わあ〜
先月長野に行ったばかりなので
なんだか親近感を感じ
いつか行けそうな気持ちになります
それにしても
美しい!

お念仏のお寺がある山が
唐沢山

これは涸沢カール
同じ呼び名
親近感〜〜〜


海外の保護区は
なかなか行くのが難しいので
まずは国内からかな〜
なんて
夢見てます(o^^o)

そして
知っていれば
行ったのに!
と思った場所が




山梨県
富士河口湖町

精進湖のほとりは
夜の湖面に映る
逆さ富士と星空との
コントラストも素晴らしい

頭上を見上げれば
天の川までくっきりと見えるほどの
満天の星空と
日本一の富士山
眼下の湖と言う自然が作り出す
コラボレーションを味わえる

何度が風太と泊まった宿は
河口湖

知らなかったな〜

風太ももう歳なので
たぶん
もう行かないと思う
残念(..)


近場は無いかと
探したら

ありました^_^




大分県 久住高原

熊本県から大分県にまたがる
阿蘇くじゅう国立公園の
一角に位置する
久住(くじゅう)高原は
長年農業や畜産が行われてきた場所で
澄んだ空気のもと大草原が広がる
雄大な自然のなかを
快適に走れる
ドライブルートとしても人気だが
周囲に人工の明かりが少なく
絶好の星空スポットとしても知られる

そして




大分県 由布院

良質な温泉で知られる
人気の観光地である
由布院から別府へ抜ける
県道沿いの連続したカーブが
続く所にある展望所からは
由布院の街を一望でき
斜面上に建てられた
住宅街の明かりが
独創的な姿を見せ
夜景スポットとしても人気を博す

四季折々の表情が変わる壮大な
由布岳と眼下に広がる盆地の光景は
澄んだ青空とのコントラストも
素晴らしいが
星空の下で見る幻想的な
姿もまた素晴らしい


大分の久住高原と
湯布院です

行けます(^_−)−☆

行ってみよう♪

と思いを馳せらせていますが

宿に着くと温泉に入り
まったりしてしまい
ついついそのまま
食事からの就寝

もったいないですね
国内にも
知らない素敵な場所が
たくさんありますね

いつもと違う場所
いつもと違う景色は
脳にとても良い刺激になり
脳の老化をスローダウンして
くれるそうです

新しいこと
新しい場所
など

「初めて」
「新しい」
をキーワードに
楽しんでみるのも
良いかもしれませんね

今から夜空が綺麗な時期
楽しみたい^_^

一週間の念仏別時5

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 09:32


数ヶ月前から
ブルーベリーの横で
芽を出し
成長
今年の酷暑の中を
スクスク育ち
とっても可愛く咲いています

幼い時からよく見ていた
道端の花

なんだかホッとするな〜

葉の色合い
ふわっと優しい
花も
寄り添うように
微笑ましい

春の七草だとは思っていましたが
花の名前も
うる覚えで…

調べてみたら
やっぱり
春の七草
なのに
もう秋の七草になりましたね〜
(*^^*)

「ハハコグサ」
別名
春の七草の中にある
「ごぎょう」です

花言葉が又素敵です
「いつも思う」
「無償の愛」
「永遠の想い」
ですって(o^^o)

「母子草」という名前から
母が子どもを思う愛情を
イメージしたものに
なっているそうです

そうだったのか〜



益々可愛い

効能をみたら
「ハーブティーにして
咳を鎮める作用や
痰を切ってくれる作用があり
鼻水、鼻づまりのような
風邪の初期段階を
緩和されると言われています」
だって〜〜

まるで
私が一週間の念仏別時にいって
喉を痛めるのを知ってて
生えてくれてたのかな〜
だって
植えてもいないのに

なんて
どこまでも
自分可愛い私(≧∀≦)

いやいや
本当にそう思ってしまいます
(^^;;

全ては準備されている
と言われますから

でも効能を知ったのは
喉が治ったあと(ーー;)

意味ないじゃん!!

気付かないでごめんなさい
って謝りたくなります
m(__)m

笑笑
笑おう\(^^)/

あ〜あ

そんなこんな私ですが
日々周りの全てに助けられ
困らずに暮らせています

感謝しかないですね


唐沢山での
一週間念仏別時

思い返せば
ついて行くのに一生懸命だったと
お伝えしましたが

本当にそうだった

至福の時でしたね

好きな事に一生懸命になれる

そして
念仏は深まったのか?

深まっておりません

何を持って深まるかも
分かりませんが

今回も参加した事で
気付いた事はたくさんありました

その一つに
日常念仏がどれだけ大切か

日々の積み重ねを持って行く事で
深まるのではないでしょうか

2年前に行った時と
今回の違い

それは
日々のお念仏があきらかに
少なかった今年

今でも毎日お念仏とともに
日暮しをしていますが
何が少ないって
座ってするお念仏が少ない

家事をしながら
運転をしながら

その時々で
思い出せばお念仏を唱えながら
いろんなことを
やるようにしています

心を整えたい時

人と会う前

御不幸があった時

悲しいニュースを聞いたり
見たりした時

嬉しかった事があった時

いろんな場面で
お念仏していますが

それで良い
とどこかで思っていました


今回
もう少し座ってする
お念仏の時間をとりたいと
思いました

これも
いろんな段階をその人なりに
感じながら
変化して行くんだと思います

何が正解で
何が正しいとかは
無いので

その人なりに
その人の経験を通して
自分で気づき
自分で選んでいく

そこに喜びがあると思います

一週間のお念仏中も
見守ってくださっているお上人は
一言も否定的な言葉は言われない

それゆえに
自分の感覚に集中できるのが
分かりました

全ての現象は
全て自分の判断一つ

どう見て
どう感じて
どう捉えるか

じっくり
自分と対話する時間を
取らなければ
深まらないのでしょう

もし
深めたいと思うなら
なんの為に深めたいのか

それも人それぞれですね

私はどうして?

深めまるものなら
深まりたいですが

その為に何か集中して
するというより
日常の中で自然に
深まっていければとは思います

それはなんの為かというと

子ども達が少しでも
自分らしい人生を歩み

彼らも
あ〜良かった
と思えるように
生きて欲しい

その為に
自分に出来ること
と思った時

自分の思いをクリアーに
していたい

それは
精神的に依存しないように

強くありたい

でも
私は依存したくなる?
かもしれないので
家族以外に依存できる存在
如来様との信頼関係を
築いている

と言えるかな〜

こんな気持ちが
信仰心なのかもしれませんね

超越的存在
それは
神さま
仏さま
イエスさま
如来さま
宇宙
サムシンググレート
などなど
との信頼関係を築く
それは
私にとって
日々のお念仏を続けること

どこかに行かなくても
一人でも

それは
家族との日々の挨拶や
対話をするのと同じ

もう一つ
日々のお念仏をしていると
全ては繋がってる感が
強くなります

それは
いろんな場面でそう感じてきます
気のせいか
捉え方か
分かりませんが

とにかく
なるべくしてなっている感が
強くなり

困らない
護られてる
そんな感覚が持てます

なんの根拠もないのだけれど

でも
お念仏することで
そんな思いの変化は
古から伝わっています
教えられています

人とはそういう存在だと

深めたければ
どこまでも深めていける

きっと
そうなんだろう

と思う今日この頃です

自分の持てるものをいかし
ご縁ある人たちと
精神的な健康とともに
過ごしたい


今日も徒然に
こうしてプログを
書かせて頂いてますが

内容が結果
「ハハコグサ」的に
なってる?

そこに
近づきたい私なのかな〜

「ハハコグサ」みたいな
おばあちゃんになりたいかも〜(*≧∀≦*)

今日も
良い一日をお過ごしください


※ 七草粥に入れる7種の若菜は
芹(せり)・薺(なずな)
御形(ごぎょう)(ハハコグサ)
繁縷(はこべら)
仏(ほとけ)の座(タビラコ)
菘(すずな)(カブ)
蘿蔔(すずしろ)(ダイコン)

秋の七草
萩・尾花・葛(くず)
撫子(なでしこ)
女郎花(おみなえし)
藤袴(ふじばかま)
桔梗(ききょう)

色に癒された日曜日

  • 2018.09.09 Sunday
  • 23:40


こんばんは

彼岸花が咲いていました

昨日今日と
ぐっと気温が下がった福岡です

一気に秋の気配に
暑かったあの日を
忘れてしまいそう

忘れられるから
今を味わえる?


今日は
自然の色に癒された一日でした







熊の川温泉
湯招花











夏から秋へ

自然に影響され
翻弄され
癒され

そして
自然に生かされている私たち






自然の色を生かした和紙

名尾手すき和紙工房
行ってきました





光を通した優しい色




落ち着く色合い




たくさんの作品
そして
いろんな使い方があり
びっくりしました

佐賀県佐賀市
大和町

明治の頃は100軒を超える
紙すき工房があったそうですが
今は一軒だけ

6代目だそうです

お気に入りの一枚が見つかると
思います

おすすめです^_^


色に癒された
一日でした



死と向き合う

  • 2018.09.08 Saturday
  • 19:25

(数十年に一度だけ咲く「神の花」
アガベ雷神という花だそうです)

おはようございます

今朝のブログのタイトル
「死と向きあう」
と書きましたが

書いた今

死と向き合えるのか?
という言葉が

朝から縁起でもないと
思われる方もいらっしゃるかと
思います

死ぬことを忌み嫌い
不吉なことと思う

決して良いことではないと

ほとんどの方が
そうではないでしょうか?

昨日テレビで
北海道地震の被害者の方が
映し出されていて

その方のことを
昨日から時々思います

二十歳前の男性で
ご両親
妹さん
妹さんは二人
いらっしゃったと思います
そして
おばあちゃんと暮らしていて

気付けば一人外に投げ出され
軽傷で済んだようです

家族との突然の別れ

それこそ
突然のこと

そして
今も捜索が続いている
家族の安否を思いながら

死と向き合う

それは
向き合わざるおえないから
向き合うのであって
そんな状況にならなければ
普通は向き合うなんて

そんな思いが
今朝から心に

被害に遭われた方々は
まだまだ混乱の中だと思います

向き合うなんて

まだまだそんな状況では
ないかもしれませんね

未来に希望をもって

まだまだそんな気持ちには
なれないでしょう

私達からは
想像もつかない思いで
過ごされてると思います

経験した人しか分からない

その男性も正直に
話されていました

熊本や他の地域で
災害があっても
あ〜あったんやね
としか思わなかった
でも
今は

そうですよね
そうでしょう

私も同じです

それぞれの
その時の時間が流れていますから

みんないろんな思いを抱えながら
その時間を精一杯生きていますね

今日は今日やるべき事に
意識を向け
誠意を込めて過ごせたらと
思います

ご縁ある方々の中で



ここまで書いて
今朝は〜ことは〜サロンへ

午前中
「終活ノート講座」でした

ホスピスで働かれている
看護師さんに
スペシャル講師として
来て頂き
ホスピスについて
現場の様子など
貴重なお話を伺うことができました

私達の目指す「終活ノート講座」は
残される方へのメッセージとしては
もちろんですが
このノートを書くことで
その方の今がより充実するように

より
自分らしく過ごし
肉体を離れる時に
あ〜良かった
ありがとう

悔いのない日々を
送って頂くことを
願っています

今この状況の日本

ご参加くださった方々も
人ごとではないと
ご自分としっかり向き合い
毎日を充実させていきたいと
感想を頂きました

普段からご自分のこれからを
そして
ご自分の最後の時の過ごし方を
いろいろ想定しながら
ご家族とお話できると
良いのではと思います

今が元気だからこそ
心をオープンにして
話す事ができます

相手に何かあると
気を遣い
なかなか伝えたい事も
伝えられなくなります

何もない
平穏な時だからこそ
たくさんお話できます

どうぞ
日々の中でいろんなお話を
されてください

ご家族でしか
できない話を

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM