一週間の念仏別時5

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 09:32


数ヶ月前から
ブルーベリーの横で
芽を出し
成長
今年の酷暑の中を
スクスク育ち
とっても可愛く咲いています

幼い時からよく見ていた
道端の花

なんだかホッとするな〜

葉の色合い
ふわっと優しい
花も
寄り添うように
微笑ましい

春の七草だとは思っていましたが
花の名前も
うる覚えで…

調べてみたら
やっぱり
春の七草
なのに
もう秋の七草になりましたね〜
(*^^*)

「ハハコグサ」
別名
春の七草の中にある
「ごぎょう」です

花言葉が又素敵です
「いつも思う」
「無償の愛」
「永遠の想い」
ですって(o^^o)

「母子草」という名前から
母が子どもを思う愛情を
イメージしたものに
なっているそうです

そうだったのか〜



益々可愛い

効能をみたら
「ハーブティーにして
咳を鎮める作用や
痰を切ってくれる作用があり
鼻水、鼻づまりのような
風邪の初期段階を
緩和されると言われています」
だって〜〜

まるで
私が一週間の念仏別時にいって
喉を痛めるのを知ってて
生えてくれてたのかな〜
だって
植えてもいないのに

なんて
どこまでも
自分可愛い私(≧∀≦)

いやいや
本当にそう思ってしまいます
(^^;;

全ては準備されている
と言われますから

でも効能を知ったのは
喉が治ったあと(ーー;)

意味ないじゃん!!

気付かないでごめんなさい
って謝りたくなります
m(__)m

笑笑
笑おう\(^^)/

あ〜あ

そんなこんな私ですが
日々周りの全てに助けられ
困らずに暮らせています

感謝しかないですね


唐沢山での
一週間念仏別時

思い返せば
ついて行くのに一生懸命だったと
お伝えしましたが

本当にそうだった

至福の時でしたね

好きな事に一生懸命になれる

そして
念仏は深まったのか?

深まっておりません

何を持って深まるかも
分かりませんが

今回も参加した事で
気付いた事はたくさんありました

その一つに
日常念仏がどれだけ大切か

日々の積み重ねを持って行く事で
深まるのではないでしょうか

2年前に行った時と
今回の違い

それは
日々のお念仏があきらかに
少なかった今年

今でも毎日お念仏とともに
日暮しをしていますが
何が少ないって
座ってするお念仏が少ない

家事をしながら
運転をしながら

その時々で
思い出せばお念仏を唱えながら
いろんなことを
やるようにしています

心を整えたい時

人と会う前

御不幸があった時

悲しいニュースを聞いたり
見たりした時

嬉しかった事があった時

いろんな場面で
お念仏していますが

それで良い
とどこかで思っていました


今回
もう少し座ってする
お念仏の時間をとりたいと
思いました

これも
いろんな段階をその人なりに
感じながら
変化して行くんだと思います

何が正解で
何が正しいとかは
無いので

その人なりに
その人の経験を通して
自分で気づき
自分で選んでいく

そこに喜びがあると思います

一週間のお念仏中も
見守ってくださっているお上人は
一言も否定的な言葉は言われない

それゆえに
自分の感覚に集中できるのが
分かりました

全ての現象は
全て自分の判断一つ

どう見て
どう感じて
どう捉えるか

じっくり
自分と対話する時間を
取らなければ
深まらないのでしょう

もし
深めたいと思うなら
なんの為に深めたいのか

それも人それぞれですね

私はどうして?

深めまるものなら
深まりたいですが

その為に何か集中して
するというより
日常の中で自然に
深まっていければとは思います

それはなんの為かというと

子ども達が少しでも
自分らしい人生を歩み

彼らも
あ〜良かった
と思えるように
生きて欲しい

その為に
自分に出来ること
と思った時

自分の思いをクリアーに
していたい

それは
精神的に依存しないように

強くありたい

でも
私は依存したくなる?
かもしれないので
家族以外に依存できる存在
如来様との信頼関係を
築いている

と言えるかな〜

こんな気持ちが
信仰心なのかもしれませんね

超越的存在
それは
神さま
仏さま
イエスさま
如来さま
宇宙
サムシンググレート
などなど
との信頼関係を築く
それは
私にとって
日々のお念仏を続けること

どこかに行かなくても
一人でも

それは
家族との日々の挨拶や
対話をするのと同じ

もう一つ
日々のお念仏をしていると
全ては繋がってる感が
強くなります

それは
いろんな場面でそう感じてきます
気のせいか
捉え方か
分かりませんが

とにかく
なるべくしてなっている感が
強くなり

困らない
護られてる
そんな感覚が持てます

なんの根拠もないのだけれど

でも
お念仏することで
そんな思いの変化は
古から伝わっています
教えられています

人とはそういう存在だと

深めたければ
どこまでも深めていける

きっと
そうなんだろう

と思う今日この頃です

自分の持てるものをいかし
ご縁ある人たちと
精神的な健康とともに
過ごしたい


今日も徒然に
こうしてプログを
書かせて頂いてますが

内容が結果
「ハハコグサ」的に
なってる?

そこに
近づきたい私なのかな〜

「ハハコグサ」みたいな
おばあちゃんになりたいかも〜(*≧∀≦*)

今日も
良い一日をお過ごしください


※ 七草粥に入れる7種の若菜は
芹(せり)・薺(なずな)
御形(ごぎょう)(ハハコグサ)
繁縷(はこべら)
仏(ほとけ)の座(タビラコ)
菘(すずな)(カブ)
蘿蔔(すずしろ)(ダイコン)

秋の七草
萩・尾花・葛(くず)
撫子(なでしこ)
女郎花(おみなえし)
藤袴(ふじばかま)
桔梗(ききょう)

コメント
念仏別時
興味深く拝読させて頂いています

私も毎朝 毎晩神棚とお仏壇に手を合わせています
ほんの数分 いや数秒ですが守られている感覚です
ずっと神棚がある生活がしたかった
お仏壇がある空間が欲しかった
そんな感覚がありました
やはり私自身何か目に見えない物に導かれているような感じです

私も日々ふと思う事は
私一人ばかり良い思いや幸せであっても本当の豊かさは無いなと
娘の幸せ
これを願うということは社会全体が幸せに包まれていないと成り立たない!
そんな事を思うわけです

こんな気持ちにさせて頂き ありがとうございます
祐子さんのブログ シンクロ通信に元気を頂き毎日を過ごしています

ありがとうございます
  • na
  • 2018/09/12 1:56 PM
naさま
こんばんは(^-^)
いつもブログを読んで頂きありがとうございます

naさんの素直な感覚を分かち合って下さって
嬉しく思います。
私たちの中には超越したものを求めるDNAが
あるようですね
その求める思いを満たしてあげることは
大切なことではないかと思います

お嬢様にも必ず母親の思いが届きます

護られ導かれる思いとともに
暮らしているnaさんの思いで護られていますね
そして
いつかお嬢様たちも手を合わせながら
暮らすようになるでしょう

まずは私たちが
そして子へと
大切にしたいものが引き継がれいく
幸せな人生ではないでしょうか

素敵な分かち合いをありがとうございました(*^^*)
  • ゆうこ
  • 2018/09/13 8:19 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM