当たり前ではないと知ってから

  • 2019.08.07 Wednesday
  • 07:05


おはようございます
台風の影響は大丈夫でしたか?

私は熊本にいて
直撃な進路でしたが
思ったほどではなく
通り過ぎた感じでしたが
他の地域はどうだったのでしょうか

被害が無かった事を願います

昨日はいろんな所から
溢れるメッセージをもらった感じで
感動でした

まず
朝こんなメッセージを目にして

27歳の若さでこの世を去った
オーストラリア出身の
Holly Butcherさんの
人生のアドバイス

彼女が死の宣告を受けたのは
26歳の時
自分の“命の期限”を知った
「人生のアドバイス」
その言葉の数々に
私の経験から感じたこと
思ったことと重なりました

こんな風に言葉にする事は
私にはできませんが

娘の死を通して感じた事と
重なりましたので
ご紹介させてください

『Holly Butcherさんの
人生のアドバイス』

【01】
自分の人生を
小さく意味のないものに
してはいけない。
ストレスに
支配されてほしくないの。

誰もが同じ運命のもとを
歩いていることを
思い出してほしい。
与えられた時間を
素晴らしく価値のあるものに。

これまで、
くだらないことで
文句を言っていた時間を、
深刻な問題に
直面している人たちのことを
考える時間にしてみて。
そうすれば、
自分の抱えてる問題が
ちっぽけであり、
ありがたいことであると
気が付くから。
それで、
嫌なことはきっぱりと忘れるの。
何か嫌なことがあっても、
誰かの
“幸せな一日”まで奪ってはダメ。

【02】
仕事がイヤだとか、
理想の体型を目指して
運動するのが大変だとか。
こんな文句をよく耳にするけど、
それだけ
あなたのカラダは健康なの。
感謝しなきゃ。
どれもカラダが
動かなくなるまでの話なんだから。
ちゃんと健康であることに、
自分のカラダに感謝して。
自分のスタイルに
満足できなくても、
どうか大切にして。
素晴らしいことを
全身で堪能するの。
【03】
与えて、与えて、与えるの。
とにかく
人のために何かをすること。
そうすれば、
「自分のため」よりも
多くの幸せを得ることが
できるのは本当の話。

私はもっとそうするべきだった。
癌が見つかってから、
家族や友達だけじゃない
素晴らしく、
優しい人たちに出会うことができた。
知らない人たちからの、
愛のこもった言葉や
サポートを受ける側になった私。

どうしても、
お返ししたかったのだけど、
それは難しかった。

でも、
私は決してこのことは忘れない。
永遠に感謝し続けるわ。

【04】
お金は“経験”に使うこと。
お金をよくわからないものに
使ってしまい、
本当にやりたかったことが
できないなんてことがないように。
たとえば、
ずっと前から行きたいと
思っていたビーチへ行くために
お金を貯めるとかね。
足を水につけて、
砂に潜り込ませるの。
それから、顔を海水につけるの。

【05】
スマホのスクリーンを通して、
“その瞬間”を撮るのはやめよう。
その瞬間、
そこにいることを
楽しむようにするの。
人生は、
スマホのスクリーンを通して見て、
生きるものではないのだから。

【06】
どうか、
誰かが考えた誰かを
満足させる生き方をしないで。
そして、
そのことをプレッシャーに感じて、
せっかくの人生を台無しにしないで。
自分が「平凡な人生」で
良いって思うなら、
それで良いじゃない!

【07】
愛している人たちには、
できるだけ「愛している」
と伝えてね。
生きているうちに、
全力で愛すること。

【08】
これが、最期のアドバイス。
できることなら、
人のために善い行いをしましょう。
そして、
定期的に献血をするように。
自分も良いことしたって気持ちいいし、
誰かの「命を救う」ことができる
っていうオマケ付き。
数えきれない人の献血のおかげで、
私は
1年も多く生きることができたから。
この星で、家族、友達、愛犬と
共に過ごすことができたことを、
ひたすら感謝し続ける1年。
人生の中でも
最高の時間を過ごすことができた、
特別な1年だった…。
私はまだ、死にたくない。
自分の人生が大好きなの。
だけど、それは叶わないこと。
それでは、また会う日まで。


心を打つ言葉の数々

健康である時は
当たり前に感じてしまいます
それが当たり前ではなく
奇跡?の連続であるということに
気づく時

思ってもなかった世界が
広がります

命に期限がある事を認識したとき
命の本質を探求しはじめるのでは
ないでしょうか

私の場合は
自分自身の事ではなく
娘のこと

そこから長いトンネルの中でしたが
そこから抜けた時
全ての命が繋がっていて
生きとし生きるものによって
生かされている事

それは生命の本質


それへと目覚めていくような
気持ちです

彼女の死を通して
私に知らしてめてくれる為に
彼女はその任務を担って
この世に生まれてくれた気がします

そんな昨日は
愛にあふれている
ドキュメンタリーもみて
こんなに「愛」を実行している人
こんなに「愛」を思って
感じている人

一万三千年前に
この地球に生まれてきた人なのね
なんて勝手に思って

このドキュメンタリーのお話と
一万三千年前のお話は
又今度シェアさせてください

さてさて
今日は白い魔法使いの
最後の13日目ですね

白い世界の橋渡し
白い魔法使い

13日目のギフトの日

この13日間で
どんな魔法をかけたか
楽しまれてください^_^

別に今日がなんの日かなんて
気にしなくても良いんだけれど

心の目と心の耳に
意識を傾けていると
それで充分

そんな意識になる為の
マヤ暦
といっても良いかも

そうなるまでのツール
自分で知らないうちに
作ってしまった枠を
取っ払う為のツール

自由に
自分が感じた感覚のように
行動できるようになるまで
マヤ暦を楽しんでいけば良い

自然とマヤ暦の流れの中で
過ごせてる

自然と思考ばかりに
執着しなくなる

レットイットビー
考え過ぎないで

ギフトの一日らしく
自分にギフト
周りのギフト
そんな一日にしてみては
いかがでしょうか?

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM